壁の設置 1

さて、いよいよ壁の設置へと進みます。

一般的に単管パイプのガレージなどに壁をつける場合、単管パイプに垂木クランプなどで木材を取り付けて木材の骨格を作り、それに外側からコンパネなどの壁材を貼り付けるようですが・・・

DSC_4670.JPG

とてもじゃないが、外側から壁材を貼り付けるのはムリっ!

内側からどうにかするしかありません・・・


だいたい壁いらねぇんじゃねえか?

って気もしますが・・・


DSC_4672.JPG

壁の設置に必要な資材を調達してきました。

パネコート(防水コンパネ) 1800×900×12 1180円×11 12980円
ホワイトウッド 1820×30×50 580円× 30 17400円
消費税 2430円
計 32810円

木材カットサービス 30円×8 259円

現在までの総額 166313円


で、どうすんのって話ですが・・

秘策があります(  ̄▽ ̄)

DSC_4673.JPG

こうゆうパネルを作ります。

コンパネは加工なし、角材はあらかじめ計算しておいた長さにカットしてもらってるので、木ネジで組み立てるだけ。

で・・・

DSC_4674.JPG

このように内側から単管パイプにはめ込みます。

DSC_4675.JPG

となりのパネルもピッタシです。

なぜピッタシはまるかというと、そういうふうに単管パイプを組んでるからです。

DSC_4676.JPG

同じパネルを4枚作って、仮はめして本日の作業終了。






バイク(全般)ランキングへ










日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック